【花嫁のれん】のドラマ動画を高画質で全話無料で視聴する方法はコレ!

花嫁のれん

【花嫁のれん-第22話・第23話・第24話】ドラマのあらすじ・見どころ

花嫁のれん-22~24話

>>「花嫁のれん」の高画質動画を無料で見るならコチラ

※以下ネタバレ注意

・花嫁のれん-第22話「子を思う親心」
・花嫁のれん-第23話「女将の気遣い」
・花嫁のれん-第24話「初バスツアー」

[第22話] 奈緒子が女将修行を始めたことで、瑠璃子の夢の邪魔になっていることを丈太郎は志乃に問い詰めます。
大女将の判断だと言う志乃に、丈太郎はそ不信に思います。
そんな中、奈緒子の父・浩が“かぐらや”にやってきて、奈緒子に旅行会社の再就職の話をします。
浩は女将の仕事の大変さを痛感し、奈緒子に現実を見て行動するべきだと伝えますが、奈緒子はそんな浩と対立してしまいます。

[第23話] ある夜、奈緒子は志乃を客室の扉の前で見つけます。
扉にもたれかかっている志乃を見て、駆け寄る奈緒子でしたが、志乃は「お客様の咳の様子を聞いている」と言うのです。
奈緒子も志乃に付き合いますが、翌朝・・・。
そんな中、泊り客の入れ歯の調子が良くないと知った奈緒子は、献立のアワビを食べやすいホタテに替えてしまったのです。
しかしその泊り客はアワビを楽しみに毎年やってくるお客様で、奈緒子の気遣いは裏目に出てしまいます。
奈緒子はすぐにアワビ料理を用意しようと考えますが、板場にはもう誰もいません。
どうすることもできない奈緒子でしたが、志乃はそのお客様を友禅の反物の見せに連れ出します。

[第24話] 丈太郎と母親の節子が再び“かぐらや”を訪ねてきました。
節子は志乃に、丈太郎の婿入り先として、瑠璃子が女将でなければ困ると詰め寄ります。
丈太郎は瑠璃子と結婚するために、大阪からのバスツアーで瑠璃子を次期女将に伸し上げると意気込んでいます。
伸也もまた、宗佑が戻れば自分の立場が危ういと思い、このツアーにやる気を見せます。
丈太郎は『かぐらやのおもてなし』と題したパンフレットを作り、何でも宿泊客の望みに応えると記載したのです。
志乃はその部分の削除を条件にツアーを認めますが、ツアーで訪れた客が持っていたパンフレットにはその部分が記載されたままでした。

【花嫁のれん-第25話・第26話・第27話】ドラマのあらすじ・見どころ

花嫁のれん-25~27話

>>「花嫁のれん」の高画質動画を無料で見るならコチラ

※以下ネタバレ注意

・花嫁のれん-第25話「非常識な客!」
・花嫁のれん-第26話「私の大切な人」
・花嫁のれん-第27話「嫁と認める!?」

[第25話] 丈太郎が企画したツアーの客は、様々な要求をしてきます。
困惑する奈緒子や瑠璃子でしたが、志乃はその要求に応えられれば2人がさらに成長すると考えて静観し一切手助けをしませんでした。
その客の中でも特に非常識な金原と白銀は、市場で買った魚を調理してほしいと頼んできます。
板長の目利きで選んだもの以外は生で出せないと瑠璃子と伸也は断りますが、金原や白銀は納得しません。
奈緒子は「自分に任せてほしい」と言うが・・・。

[第26話] ツアー客の金原が旅館内で財布を紛失しました。
金原は仲居を疑って泥棒扱いし、そもそも大女将の対応がないということに腹を立てます。
そして瑠璃子も仲居を疑ってしまうのです。
その直後、財布は見つかりますが、仲居に疑いをかけたことにも悪びれる様子のない金原に、奈緒子は意見をしようとして躊躇してしまいます。
そこへ志乃がやってきます・・。
瑠璃子はすっかり自信を喪失し、そんな瑠璃子を咎めた丈太郎を良樹が殴ってしまいます。
あわや乱闘になるという瞬間、瑠璃子は二人をやめさせ家族の前で良樹を大切な人だと宣言します。

[第27話] ツアー客のとんでもない要求に対応したことで、“かぐらや”の絆はさらに強くなっていました。
瑠璃子が良樹に思いを寄せていたことを知った志乃は、丈太郎との縁談を進めるべきか悩みます。
そんなある日、志乃はまたギックリ腰になってしまいました。
仕事を休む志乃を見舞った奈緒子に、志乃は優しく対応し、亡き娘・深雪の名前で呼び掛けます。
奈緒子は、そんな志乃を認知症なのではないかと思い始めます・・・。

【花嫁のれん-第28話・第29話・第30話】ドラマのあらすじ・見どころ

花嫁のれん-28~30話

>>「花嫁のれん」の高画質動画を無料で見るならコチラ

※以下ネタバレ注意

・花嫁のれん-第28話「後継者決定!?」
・花嫁のれん-第29話「大女将の覚悟」
・花嫁のれん-第30話「帰ってきた夫」

[第28話] 志乃が奈緒子に「あなたっての“かぐらや”」と言ったことで、“かぐらや”の人々は『次期女将は奈緒子に決定か』と大騒ぎになりました。
瑠璃子もまた冷静を装っていましたが、内心動揺していました。
一方、奈緒子は志乃が認知症ではないかと思うようになってから、段々とその思いが大きくなっていました。
志乃は奈緒子を呼び出し、奈緒子を呼び間違えたのは命日が近い深雪を思っていたからだと説明しましたが、実は志乃自身も最近自分はおかしいと感じていました。

[第29話] 病院で受診した志乃は、認知症の疑いがあると言われてショックを受け、家族や“かぐらや”の人たちは志乃への接し方に困惑してしまいます。
診断結果の詳細が分かる前に、志乃は奈緒子と瑠璃子に“かぐらや”を背負う覚悟について話をします。
志乃は「引退の覚悟はできている」と言いますが、実際には不安に押し潰されそうな心境だったのです。
そんな志乃を辰夫だけは「お前の分まで全部覚えとってやるよ」と優しく支えます。
瑠璃子は、志乃の一件で“かぐらや”の後継者としての自覚を強くし、丈太郎との縁談を進めることを伸也にお願いしたのでした。

[第30話] 志乃の認知症をきっかけに、“かぐらや”を継ぐために瑠璃子は丈太郎との結婚を決心します。
しかし良樹を好きな気持ちが消えたわけではなく、そんな瑠璃子を奈緒子は見ていることができませんでした。
奈緒子のお節介で瑠璃子と良樹は会い、良樹は瑠璃子に丈太郎と結婚してほしくないと言います。
しかし瑠璃子は「その気持ちだけで十分です」と、若女将として“かぐらや”の将来を考えます。
そんな瑠璃子に良樹は、「もういい子になるのはよせ・・」と抱きしめます。
そんな中、失踪中の夫・宗佑が奈緒子の前に現れます。
宗佑は、新たに始めた事業が軌道に乗ったら迎えに来る、と言ったのです。

【花嫁のれん-第31話・第32話・第33話】ドラマのあらすじ・見どころ

花嫁のれん-31~33話

>>「花嫁のれん」の高画質動画を無料で見るならコチラ

※以下ネタバレ注意

・花嫁のれん-第31話「情けない夫」
・花嫁のれん-第32話「再び消えた夫」
・花嫁のれん-第33話「夫が仲居に!?」

[第31話] 奈緒子は突然やってきた宗佑をシェアハウスに連れて行き、「志乃に借金を返済してもらったお礼を言ってほしい」と言います。
宗佑は奈緒子の言葉に頷きますが・・。
一方、良樹に告げられた言葉に心が揺れる瑠璃子は、仕事で失敗を繰り返してしまいます。
志乃は瑠璃子に、当分仕事を休むように言い渡しましたが、それは祖母として瑠璃子にきちんと将来を考えてほしいという気持ちでした。
奈緒子のお願いに頷いた宗佑ですが、一向に“かぐらや”に現れません。
怒る奈緒子に宗佑は「心の準備ができたら行く」と言い訳をしますが、大女将に「よそ者の嫁」と何度も追い返されても食い下がった奈緒子の話を良樹に聞き、宗佑は渋々“かぐらや”に向かいます。
しかし“かぐらや”に向かう宗佑は、バッタリ志乃と対面し、萎縮して何も言えなかったのです。
そんな宗佑に志乃は再び勘当を言い渡したのでした。

[第32話] 志乃が宗佑に勘当を言い渡したのは、息子を甘やかしてはいけないという思いでしたが、志乃の思いを知らない宗佑は「自分の居場所はない」と感じてしまいます。
辰夫はシェアハウスを訪ね、そんな宗佑に、周りに離婚を勧められても宗佑を信じて待っていた奈緒子のことを話します。
そして男として奈緒子の思いを受け止められるのか、宗佑を問い質しました。
奈緒子が帰ると、宗佑の姿はありませんでした。
携帯電話さえ繋がらない宗佑を探すために“かぐらや”を訪ねた奈緒子は、宗佑の気持ちを分かってあげられない自分は妻失格だと自分を責めます。
志乃もまた、母親らしいことをしてこなかったことで、母親失格だと自分を責めたのです。
翌朝、戻ってきた宗佑は、奈緒子と金沢で暮らす宣言しますが・・。

[第33話] 宗佑は、志乃と辰夫にこれまでの親不幸を詫び、“かぐらや”で働かせてほしいと頼みます。
志乃は宗佑の申し出を受け入れ、客室係として働かせます。
宗佑の教育係の奈緒子は、一緒に働ける喜びを隠しきれません。
一方、瑠璃子は外出中に良樹とバッタリ会います。
しかし互いの思いはあるのに、二人はぎこちなく別れてしまったのです。
“かぐらや”には、足の不自由な日向という老女が泊まりにきました。
奈緒子は宗佑に、日向を背負って部屋に連れて行くように言うと、日向は何かあるごとに宗佑を頼るようになりました。
しかしそんな状況に宗佑は、客室係は召使みたいで充実感を感じることがないと奈緒子に愚痴をこぼしたのです。
そしてチェックアウト後の日向の観光のお供も宗佑に頼む奈緒子に、宗佑は不満を爆発させたのでした。

【花嫁のれん-第34話・第35話・第36話】ドラマのあらすじ・見どころ

花嫁のれん-34~36話

>>「花嫁のれん」の高画質動画を無料で見るならコチラ

※以下ネタバレ注意

・花嫁のれん-第34話「焦る支配人!」
・花嫁のれん-第35話「若女将の決意」
・花嫁のれん-第36話「女将襲名決定」

[第34話] 宗佑は旅館の仕事に遣り甲斐を見い出し、積極的に仕事に取り組むようになりました。
そんな宗佑に奈緒子は喜び、冷静を装う志乃もまた、客に宗佑を褒められて満足していました。
志乃は宗佑に、“かぐらや”の仕事は借金を完済するまでの腰掛けなのか、一生の仕事にするつもりなのかを問います。
そして宗佑は、志乃と辰也に“かぐらや”を継ぎたいと告げたのです。
伸也は宗佑の気持ちを知って自分の立場を心配し、瑠璃子と丈太郎の縁談を勝手に急いでしまいます。
そんな伸也に瑠璃子は反発し「自分の幸せは自分で選びます!」と宣言します。
丈太郎は、伸也に呼ばれて大阪からやってきたのです。

[第35話] 宗佑が“かぐらや”を継ぎたいと言ったことで、瑠璃子は良樹と共に生きることを志乃たちに告げます。
短大を受験して観光学を学ぶという瑠璃子の思いを志乃は受け止めますが、伸也は大反対。
伸也は“かぐらや”よりも好きな男を選ぶ瑠璃子を認めず、口論になってしまいました。
そんな二人を見て、志乃は瑠璃子に「勝手に家を出ることは許さない」と言ったのです。
困惑した瑠璃子は奈緒子に相談すると、揉めたままで家を出てほしくないのではないかとアドバイスをされます。
瑠璃子は伸也に分かってもらうために、話しをするのですが・・・。

[第36話] 伸也は瑠璃子に、亡くなった母・深雪に女将になることを約束したのではないかと問います。
しかし瑠璃子は、深雪が亡くなる前日に「“かぐらや”に縛られずに自由に生きなさい」と言われたことを打ち明けます。
伸也は言葉を失いますが、深雪の願いを受け入れ、瑠璃子のわがままを許してほしいと志乃に頭を下げます。
良樹や奈緒子と一緒にシェアハウスで暮らすようになった瑠璃子は、早速受験勉強を始めました。
逆に伸也は元気をなくし、瑠璃子が家を出た以上、婿養子の自分は“かぐらや”に居られないと思っていたのです。
そんな伸也に志乃は、宗佑も伸也も大切な自分の息子だと話します。
そして志乃は、ついに次期女将を奈緒子に決めました。

【花嫁のれん-第37話・第38話・第39話】ドラマのあらすじ・見どころ

花嫁のれん-37~39話

>>「花嫁のれん」の高画質動画を無料で見るならコチラ

※以下ネタバレ注意

・花嫁のれん-第37話「訪れた転機!」
・花嫁のれん-第38話「夫婦の迷い・・・」
・花嫁のれん-第39話「母の決断!」

[第37話] 奈緒子は女将襲名が決まったことを母・美也子に報告しました。
美也子は、娘が姑に認められた喜びと、もう東京には戻らないという寂しさで、複雑な心境でした。
奈緒子の女将襲名は年明けに行われることになり、伸也は襲名披露の取り仕切りを自分にやらせてほしいと志乃に頼みます。
そんな中、“かぐらや”に宗佑の大学時代からの親友・藤堂がやってきました。
藤堂はかつて宗佑が企画した事業にいくつかの企業が関心を持っていることを話し、一緒に事業を立ち上げたいことを言いに来たのです。
宗佑の気持ちが揺れていることに奈緒子は気付きます。

[第38話] 宗佑は藤堂に誘われた新事業の立ち上げを、女将襲名が決まった奈緒子を思って断ります。
しかし奈緒子には、宗佑が自分を試したいと思っていることが分かっていました。
そんな中、女将襲名披露の話しは、どんどん進んでいきました。
東京からやってきた美也子は、志乃に女将襲名のお礼を言います。
美也子は志乃が、奈緒子を嫁として認めてくれたものだと思い込んでいましたが、志乃は「花嫁のれんをくぐっていない嫁は認められない」と言い放ちます。
しかし一方で、志乃は花嫁のれんの図案を密かに見て、何やら試案していたのです。
志乃は奈緒子と宗佑を呼び出し、自分と深雪が女将襲名披露で着た着物を奈緒子に差し出します。
しかしそこで宗佑は突然土下座をし、奈緒子と一緒に東京へ行かせてほしいと言い出したのです。

[第39話] 宗佑は志乃に本心をぶつけたが、既に奈緒子が女将になることは金沢中に知れ渡っていることでしたので、取りやめにすることは“かぐらや”だけの問題ではありませんでした。
志乃は怒りに任せて、宗佑ひとりで東京へ行くことを命じます。
しかしそのことを知った良樹は、ずっと一緒にいると約束したのではないかと宗佑に問い、瑠璃子も本当にそれでいいのか、奈緒子の本心なのかと問い質しました。
志乃は奈緒子に本心を確かめます。
状況を分かっている奈緒子は金沢に残ると言いますが、志乃は奈緒子が無理をしていることに気付きます。
悩んだ志乃は、大女将としてではなく母親として答えを出したのです。
そんな中、辰夫が倒れて病院に運ばれます・・。

【花嫁のれん-第40話・第41話・最終回】ドラマのあらすじ・見どころ

花嫁のれん-第40話・第41話・最終回

>>「花嫁のれん」の高画質動画を無料で見るならコチラ

※以下ネタバレ注意

・花嫁のれん-第40話「大女将の涙!」
・花嫁のれん-第41話「私が守ります」
・花嫁のれん-最終回「本当の嫁!?」

[第40話] 奈緒子と宗佑が東京へ発った日、辰夫が脳出血で倒れて病院に運ばれました。
辰夫が「宗佑には知らせるな」と言った言葉を守り、志乃は辰夫を見守りました。
しかし翌朝になっても意識は戻らず、志乃は宗佑に連絡をしました。
奈緒子の実家に連絡が入りましたが、新事業のプレゼン中の宗佑とは連絡が付かず、奈緒子はひとりで金沢へ向かいます。
奈緒子が病院へ着くと、ちょうど辰夫が目を覚まし、宗佑も駆け付けます。
しかし宗佑に、すぐに東京に戻るように言います。
奈緒子と瑠璃子は志乃に、しばらくの間“かぐらや”に復帰することを申し出ました。
みんなで危機を乗り越えようとする中、志乃は“かぐらや”を閉めることを決めていたのです。

[第41話] 志乃は辰夫との夫婦の時間を大切にしたいと考えていました。
“かぐらや”を手放すことを決め、金沢の名士・村田に譲渡先を探してほしいと頼みます。
そんな中、瑠璃子はお客様に「料理が“かぐらや”の味ではない」と言われてしまいます。
常連客の村田の力を借りて“かぐらや”の味を取り戻そうとしますが、辰夫の味には近づけません。
一方、菊亭の女将が“かぐらや”の建物の値踏みをするためにやってきます。
そのことで奈緒子は志乃が“かぐらや”を売ろうとしていることを知り、頑張って仕事に復帰するつもりだった辰夫も志乃の決心を知ります。
奈緒子は志乃に“かぐらや”の存続を訴えますが、志乃は「潮時だ」というばかり・・・。
しかし奈緒子は、志乃の「良き思い出は心の宝」という言葉を思い出し、客立ちに「“かぐらや”を続けます」と宣言したのです。

[最終回] 奈緒子は自分が女将になることを決心し、辰夫の病室に志乃を訪ねました。
奈緒子は自分が作った治部煮を差し出し、辰夫の味には近づけることができなかったことを認め、だからこそ辰夫の料理と志乃のおもてなしの心を大切に“かぐらや”を続けたいと訴えました。
辰夫は答えを志乃に委ねます。
志乃の答えは・・・。
その一方で、志乃は奈緒子に花嫁のれんを用意していたのです。

【花嫁のれん】の高画質動画を全話無料で見るならFODプレミアムで!

「花嫁のれん」関連リンク

【注意!】花嫁のれんの動画をPandoraやDailymotionで視聴するには・・・

違法アップロードの動画なのでお勧めしませんが…コチラをどうぞ。

花嫁のれんをPandoraで検索した結果
花嫁のれんの動画検索結果

花嫁のれんをDailymotionで検索した結果
花嫁のれんの動画検索結果

花嫁のれんをYouTubeで検索した結果
花嫁のれんの動画検索結果