【花嫁のれん】のドラマ動画を高画質で全話無料で視聴する方法はコレ!

花嫁のれん

【花嫁のれん】の高画質動画を全話無料で見たくないですか?

◆「花嫁のれん」の動画を無料で全話見たい!
しかも高画質で見たい!
無料で見たいけど無断でアップしている違法な動画サイトは怖い・・・

そう思っているあなたには、FOD(フジテレビオンデマンド)プレミアムをおすすめします! フジテレビ名作ドラマ動画はコチラ 花嫁のれんのドラマ動画

※登録にはYahoo! JAPAN IDが必要です。

【花嫁のれん】キャスト・主題歌は?

キャスト:羽田美智子/野際陽子/里久鳴祐果/内田朝陽/津田寛治/山本圭
主題歌:岡本真夜「BeautifulDays」
脚本:小松江里子/青木江梨花

大手旅行代理店に勤めてていた奈緒子(羽田美智子)は、経済不況の影響で失業してしまう。
夫の宗佑(津田寛治)は多額の借金を残して失踪していたが、その夫の実家は金沢の老舗旅館“かぐらや”。
創業100年を誇る金沢の老舗旅館“かぐらや”の再起を図ろうと考える。
しかし“かぐらや”の女将で姑でもある志乃(野際陽子)は、「花嫁のれんをくぐらずに結婚をした女性は嫁と認めない」と言い、強硬な態度で譲らない。
さらに若女将である志乃の孫娘の瑠璃子(里久鳴祐果)との三世代の関わりの中でそれぞれの感情が交錯する。

【花嫁のれん-第1話・第2話・第3話】ドラマのあらすじ・見どころ

花嫁のれん1~3話

>>「花嫁のれん」の高画質動画を無料で見るならコチラ

※以下ネタバレ注意

・花嫁のれん-第1話「嫁と姑」
・花嫁のれん-第2話「いじくらしい」
・花嫁のれん-第3話「離婚決定!?」

[第1話] 東京の旅行代理店に勤める奈緒子は、3年前に宗佑と結婚します。
宗佑は金沢の老舗旅館“かぐらや”の長男で、母親で大女将の志乃はよそ者の奈緒子を嫁として認めず、旅館を継がない宗佑に勘当を言い渡したのです。
奈緒子と宗佑は東京で暮らしていましたが、宗佑は多額の借金を残して失踪し、奈緒子は宗佑を探すために金沢へ行きます。
しかし志乃と会う勇気はなく帰ろうとしましたが、偶然『花嫁のれん』の友禅流しに出くわしました。
花嫁のれんに心を動かされた奈緒子は志乃を訪ねますが、大変なことを起こしてしまいます。

[第2話] 年に一度、“かぐらや”では大々的なお茶会で、3年ぶりに奈緒子と志乃は再会します。
奈緒子は志乃に金沢に来た理由を問われて、宗佑の失踪と借金のことを打ち明けます。
奈緒子が金の無心をしに来たと思った志乃は、奈緒子と打ち解けようとはしません。
奈緒子は、宗佑の居場所に心当たりはないか志乃に聞きますが、険悪な雰囲気のまま平行線は続きます。
そんな二人のやり取りに、宗佑の父で“かぐらや”の板長の辰夫は、志乃にはっきりと物言いをする奈緒子に頼もしさを感じます。
奈緒子は金沢を発ちますが、東京ではとんでもない事態が待ち受けていました。

[第3話] 奈緒子が勤めていた旅行代理店が倒産し、職を失った奈緒子は借金を返済する計画に誤算が生じてしまいます。
夫・宗佑の借金のせいでマンションも差し押さえられ、奈緒子は実家へ帰ります。
しかし再就職が決まらない奈緒子を母親が心配し、宗佑との離婚を勧められてしまうのです。
そして、美也子は志乃に連絡し、連絡を受けた志乃が東京でやってきました。
志乃は奈緒子に離婚を迫りますが、奈緒子は頑として離婚することを拒否します。
そして奈緒子は、驚くべき申し出をするのです。

【花嫁のれん-第4話・第5話・第6話】ドラマのあらすじ・見どころ

花嫁のれん-4~6話

>>「花嫁のれん」の高画質動画を無料で見るならコチラ

※以下ネタバレ注意

・花嫁のれん-第4話「私を仲居に!」
・花嫁のれん-第5話「嘘に託す思い」
・花嫁のれん-第6話「優秀な仲居!?」

[第4話] 奈緒子は志乃に、自分を“かぐらや”の中居として雇ってほしいと申し出ますが、志乃は断ります。
しかし奈緒子はそんなことにはお構いなしに、金沢へやってきたのです。
奈緒子と志乃は平行線は続き、“かぐらや”を追い出された奈緒子は友禅染の職人良樹と再会しました。
良樹は瑠璃子を呼び出し、奈緒子の力になってほしいと頼みます。
瑠璃子は奈緒子に嫉妬心を覚えます。
ある日、志乃の姿を見かけた奈緒子は、志乃に切実な思いを訴えますが、志乃は無視して行ってしまいました。
志乃の行動に驚いた奈緒子でしたが、これには理由があったのです。

[第5話] 志乃に無視された奈緒子でしたが、志乃は『七つ橋渡り』の最中だったのです。
『七つ橋渡り』は、その最中に誰とも口を利いてはならず、願いを叶えるという言い伝えがあるまじないでした。
勘当したとは言え、息子の窮地を救えなかった自分を不甲斐なく思い、志乃は居ても立っても居られなかったのです。
奈緒子は、そんな志乃の母親としての思いを知り、“かぐらや”を訪ねて「昨日、宗佑から電話があった」と嘘をつきます。
翌日、奈緒子を呼び出した志乃は、その真偽を確かめます。
奈緒子は志乃と凛々しく向き合い、その姿に志乃は尊敬する前田利家公の妻・おまつ様を重ね、ある答えを出します。

[第6話] 志乃は志乃に対して、“かぐらや”で働きながら宗佑の借金を返済し、宗佑の帰りを待つことを許します。
しかし奈緒子の存在で若女将の瑠璃子の立場が危ういと感じた仲居頭の照子は、奈緒子を邪魔扱いしました。
奈緒子は仲居の仕事をそつなくこなし、照子はますます奈緒子が気に入りません。
そんな中、“かぐらや”に吉報が届きます。
商工会議所の食事会の場所という名誉あるものに選ばれたのです。
志乃も瑠璃子も、「また客が増えるかもしれない」と喜びます。
数日後、志乃はあいさつ回りに奈緒子を同行させますが、これはあくまでも世間体だと釘を刺します。
しかし奈緒子は町の実力者から「女将のようだ」と褒められ、気を良くします。

【花嫁のれん-第7話・第8話・第9話】ドラマのあらすじ・見どころ

花嫁のれん-7~9話

>>「花嫁のれん」の高画質動画を無料で見るならコチラ

※以下ネタバレ注意

・花嫁のれん-第7話「便所の神様」
・花嫁のれん-第8話「大女将の決意」
・花嫁のれん-第9話「次の女将は私」

[第7話] 奈緒子を心配した美也子が、金沢へやってきます。
志乃と美也子は笑顔で言葉を交わすが、互いの言葉の端々には棘がありました。
奈緒子は、“かぐらや”の御贔屓客の村田が予約した部屋に、ある人形を飾るように中居の弘美に頼まれます。
しかし奈緒子が飾った人形は、頼まれた博多人形ではなく、金沢の風習である『便所の神様』だったのです。
“かぐらや”が積み上げてきた伝統や格式は潰され、志乃は寝込んでしまいます。

[第8話] 奈緒子の大失態で、“かぐらや”は商工会議所の食事会の話を白紙にされてしまいます。
奈緒子は、自分の失態の事の大きさを痛感し落ち込み、そんな奈緒子を良樹は励まします。
村田に詫びに行く奈緒子ですが、「今後“かぐらや”は老舗旅館として認めない!」と追い返されてしまったのです。
それでも玄関で粘る奈緒子の前に志乃が現れ、「私が辞めます」と村田に告げました。
奈緒子は、志乃の覚悟に老舗旅館を背負う女将の生き様をみます。
程なく、村田が“かぐらや”にやってきて、人形の一件は水に流すと言いますが・・・。

[第9話] 奈緒子は「女将の素質がある」とお客様から褒められますが、瑠璃子に女将になってほしい照子は奈緒子に対して焦りを感じます。
瑠璃子に「女将になりたくないのか」訊かれた奈緒子は、“かぐらや”に居るのは夫を待っているからで、瑠璃子を応援していることを告げます。
瑠璃子は志乃にも後を継いでほしいと言われ、そのことを良樹にも報告します。
良樹もまた瑠璃子を応援してくれますが、奈緒子のことを楽し気に話して瑠璃子を不安にさせます。
そんな中、志乃が泊りがけで外出し、瑠璃子は若女将として常連のお客様をもてなしますが、ミスを犯してしまいます。

【花嫁のれん-第10話・第11話・第12話】ドラマのあらすじ・見どころ

花嫁のれん-10~12話

>>「花嫁のれん」の高画質動画を無料で見るならコチラ

※以下ネタバレ注意

・花嫁のれん-第10話「女将の素質」
・花嫁のれん-第11話「ライバル意識」
・花嫁のれん-第12話「複雑な胸中」

[第10話] 志乃が留守中に、毎年秋に訪れる“かぐらや”の常連客・森岡の部屋を間違えるというミスを犯した若女将の瑠璃子は、自分の未熟さを嘆きます。
志乃の長女・深雪の夫・伸也と照子は、瑠璃子の名誉を挽回しようと森岡に過剰な接待をしますが、そのことがさらに森岡を怒らせてしまいました。
奈緒子は、毎年夫婦で金沢を訪れて“かぐらや”に泊まる森岡の理由を知り、その願いを叶えるために奔走し、そしてついに!
帰ってきた志乃は奈緒子の森岡への心遣いを知り、奈緒子に女将の素質を感じます。
瑠璃子はそんな志乃の言葉にショックを受けます。

[第11話] 奈緒子に女将の素質を感じた志乃の言葉を聞いて、瑠璃子は奈緒子を避けるようになります。
これまで以上に女将修行に精を出す瑠璃子でしたが、生まれてすぐに母親を亡くして姉の瑠璃子を母親のように慕っていた8歳の幸は、寂しさを募らせるのでした。
数日後、“かぐらや”の御贔屓客で華道の家元である村田が開くお茶会に、奈緒子は志乃のお供として出席します。
その席で、志乃をライバル視する旅館“菊亭”の女将が、失踪した宗佑のことをみんなに暴露してしまうのです。
窮地に立たされた志乃に対し、覚悟を決めた奈緒子は・・・。

[第12話] 瑠璃子は体調を崩し、そんな奈緒子を奈緒子は見舞いますが、会うことができません。
そして自分が瑠璃子に避けられていることに気付いた奈緒子は、瑠璃子にその理由を聞き出します。
志乃が自分に女将の素質があると言っていたことを知った奈緒子は、その真意を志乃に確かめますが、志乃は嫁としても認めていないと奈緒子を突き放したのです。
しかし辰夫は、そんな志乃が奈緒子の仕事ぶりを認めていることを見抜いていました。
そんな中、大学教授の森本が小学2年生の息子・大樹と“かぐらや”に宿泊します。
森本が仕事の間は大樹の面倒を奈緒子が見ましたが、大樹が居なくなってしまい、雨の中必死で大樹を探しますが・・。

【花嫁のれん-第13話・第14話・第15話】ドラマのあらすじ・見どころ

花嫁のれん-13~15話

>>「花嫁のれん」の高画質動画を無料で見るならコチラ

※以下ネタバレ注意

・花嫁のれん-第13話「心の宝って?」
・花嫁のれん-第14話「お見合い決行」
・花嫁のれん-第15話「突然クビに!?」

[第13話] 宿泊客の森本の息子・大樹が居なくなり、奈緒子たちは雨の中必死に探しますが、見つかりません。
そして意外な場所で大樹は見つかりますが、心配した奈緒子はつい大樹の頬を叩いてしまいます。
ちょうど戻ってきた森本は泣いている大樹を見て、こんな旅館には泊まれないと宿を変えてしまうのです。
一方、瑠璃子は幸に寂しい思いをさせていたことを謝ります。
そして、奈緒子が見舞いに来ていたことを幸から聞き、奈緒子に対する気持ちが変化していきます。
奈緒子は、老舗旅館の看板に傷をつけたことを志乃に謝りますが、森本と大樹が翌日“かぐらや”に現れたのです。

[第14話] 「良き思い出は心の宝」という志乃の客をもてなす姿を見て、奈緒子は志乃の一挙一動が気になるようになりました。
伸也と照子は、そんな奈緒子が“かぐらや”を乗っ取るつもりではないかと考え、急いで瑠璃子のお見合いをセッティングします。
お見合い相手は大阪の観光会社の次男。
瑠璃子は思いを寄せる良樹に、お見合いのことを相談します。
奈緒子はお見合いを承諾した瑠璃子に「自分の思いを大切にした方がいい」と声をかけますが、瑠璃子に女将になるつもりは本当にないのかを訊かれます・・。

[第15話] 瑠璃子のお見合い相手の丈太郎は、何でも金銭に換算するまさに大阪の商売人でした。
奈緒子に女将になるつもりがないことを確認した瑠璃子は、お見合いをしても断ることを宣言していました。
しかし父・伸也は、丈太郎と繋がりを持つことで今まで以上にお客が増えることを見込んで、瑠璃子に考え直すことを頼みます。
奈緒子は瑠璃子の良樹への思いを聞き、良樹の気持ちを確かめることになるが、良樹は妹よりも姉のような人に惹かれると意味深に答えたのです。
そんな中、志乃が突然、「“かぐらや”では、仲居の仕事を生甲斐にしてくれるような人を雇いたい」と奈緒子をクビに・・。

【花嫁のれん-第16話・第17話・第18話】ドラマのあらすじ・見どころ

花嫁のれん-16~18話

>>「花嫁のれん」の高画質動画を無料で見るならコチラ

※以下ネタバレ注意

・花嫁のれん-第16話「まさかの告白」
・花嫁のれん-第17話「頑固対決!?」
・花嫁のれん-第18話「取り戻した絆」

[第16話] 丈太郎との見合いを断った瑠璃子に、伸也は「旅館のために考え直してほしい」と食い下がります。
瑠璃子は奈緒子に相談し、良樹が自分をどう思っているのか訊いてほしいとお願いします。
しかし実は、良樹は奈緒子のことが好きだったのです。
そしてその話を、瑠璃子は聞いてしまうのです。
一方奈緒子は、志乃に女将になる気があるのかを試され首を言い渡されて以来、お土産屋でアルバイトをしていました。
奈緒子はお土産屋の目玉商品を準備するために、能登の醤油屋へ行くことになりました。
そのことを知った良樹は、自分も一緒に行くと言い出します。

[第17話] 奈緒子はお土産屋の目玉商品を準備するために能登の七尾市に向かい、良樹は亡き姉の花嫁のれんを探すために同行しました。
訪ねた醤油屋の店主昭三は大変な頑固者で、醤油を卸してほしいという奈緒子の話を聞こうともしません。
そんな折、奈緒子は市の観光課で働く昭三の息子・俊秋と知り合い、良樹は俊秋の協力で亡き姉の花嫁のれんを探します。
そして奈緒子は再び醤油屋へ・・・。
観光客が多く、手が回らない昭三を奈緒子は勝手に手伝います。
それさえも気に入らない昭三でしたが、意見をハッキリと言う奈緒子を昭三はある人物と重ねます。

[第18話] めげない奈緒子と頑固な昭三の対決は、簡単に決着は付きません。
奈緒子は、昭三の醤油が多くの方の思い出になっているのだから、もっとたくさんの人に届けるべきだと食い下がります。
そんな中、奈緒子は醤油屋の隣の人から俊秋の亡き婚約者のことを聞かされます。
良樹と俊秋は、のれんに描かれた牡丹を元に亡き姉の花嫁のれんを探しますが、見つかりません。
しかし思わぬところで奈緒子がその花嫁のれんを見つけるのです。
一方“かぐらや”では、丈太郎が宿泊客として現れ、旅館に居座って瑠璃子との距離を縮めようとします。

【花嫁のれん-第19話・第20話・第21話】ドラマのあらすじ・見どころ

花嫁のれん-19~21話

>>「花嫁のれん」の高画質動画を無料で見るならコチラ

※以下ネタバレ注意

・花嫁のれん-第19話「強烈なおかん」
・花嫁のれん-第20話「無茶な要求!」
・花嫁のれん-第21話「女将の覚悟!」

[第19話] 奈緒子は昭三から醤油を卸してもらう許可をもらい、お土産屋の店主に奈緒子の評価は高くなりました。
お土産屋で正社員になることを勧められ、さらに旅館“菊亭”の女将からの中居としてスカウトされます。
“かぐらや”では志乃がギックリ腰になり、大女将不在で瑠璃子や中居はてんてこ舞いになっていました。
そして志乃のギックリ腰が治るまで奈緒子が中居として手伝いに入り、志乃の大芝居の答えも出ようとしていたのです。
そんな中、丈太郎の母・節子も“かぐらや”にやってきます。

[第20話] 丈太郎の母・節子は、「貸切風呂に入りたい」とわがままを言い出します。
ギックリ腰の志乃は瑠璃子を静観し、瑠璃子は“かぐらや”の伝統と格式を守り通そうと節子の要求を断ります。
母親のわがままを知った丈太郎は、瑠璃子を困らせるなら親子の縁を切ると宣言したのです。
奈緒子は節子に良い思い出を思い出してもらうために、風呂場へ案内しました。
そこで節子は、誰にも癒えない悩みを奈緒子に打ち明けるのでした。
瑠璃子はそんな奈緒子を見て、志乃の「女将の素質がある」と言った言葉の意味を理解し始めます。
そしてついに、奈緒子が女将になるための修行をさせてほしいと志乃に頭を下げるのです。

[第21話] ついに女将になることを決意して志乃に申し出た奈緒子ですが、志乃は女将になる道は1度踏み込んだら二度と後戻りはできないと奈緒子の覚悟を確かめます。
そして志乃は、仲居の前で奈緒子が女将修行を始めたことを報告します。
瑠璃子は奈緒子に一緒に頑張ろうと声を掛けました。
奈緒子は、毛筆の宛名書きではひたすら『一』の字を書かされ、客へのお茶とお菓子を出したときには金沢の風習を知らずに失敗をしてしまいます。
そんな中、良樹が“かぐらや”を訪ねてきました。
奈緒子の心配かと思った瑠璃子でしたが、良樹が心配していたのは瑠璃子のことでした。
良樹の気遣いを素直に喜ぶ瑠璃子でしたが、そのやり取りを見ていた丈太郎は瑠璃子を振り向かせることに改めて奮起します。