【Over Time-オーバー・タイム】のドラマ動画を高画質で全話無料で視聴するならココ!

【ドラマ動画】Over Time-オーバー・タイム

【オーバー・タイム】キャスト・主題歌は?

キャスト:反町隆史/江角マキコ/木村佳乃/石田ゆり子/椎名桔平/加藤晴彦/伊藤英明/西田尚美/星野有香
主題歌:the brilliant green「そのスピードで」
脚本:北川悦吏子

【オーバー・タイム】キャストは、ドラマGTOで有名になった反町隆史が楓宗一郎(かえでそういちろう)を演じています。
同じフジTVドラマの中で有名なショムニの主役江角マキコは笠原夏樹(かさはらなつき)を演じています。
江角マキコは、2015年に問題を起こして芸能界を引退しているため、今となっては非常に貴重なドラマの出演です。

それ以外には、倉田なずな(くらたなずな)は木村佳乃が、鶴町冬美(つるまちふゆみ)役を石田ゆり子が行っているのも特徴になります。
男性俳優としては久我龍彦(くがたつひこ)役を椎名桔平が演じ、遠藤和也(えんどうかずや)役を加藤晴彦が演じており、バランスの良い役者によって構成されています。
それぞれがドラマの主役にもなったことがある俳優たちで占めているため、現在のドラマよりもワンランク質の高い内容になっています。

オーバー・タイムの主題歌はthe brilliant greenで「そのスピードで」です。

【オーバー・タイム-第1話・第2話・第3話】ドラマのあらすじ・見どころ

【ドラマ動画】オーバー・タイム-第1話・第2話・第3話

>>「オーバー・タイム」の高画質動画を無料で見るならコチラ

※以下ネタバレ注意

・オーバー・タイム-第1話「(なし)」
・オーバー・タイム-第2話「恋する二人」
・オーバー・タイム-第3話「秘密のデート」

ドラマの舞台になっているのは1998年の大晦日でした。東京の中心部で美容師をしている笠原夏樹(江角マキコ)が、冬美(石田ゆり子)や春子(西田尚美)たちと一緒に旅行しホテルで新年を過ごそうとしていました。
冬美と春子は、宿泊人をよく観察しており、あの男性は「若い」といいチェックをする始末です。

「若い」といわれていた男性は、夏樹のむかいにある部屋の宿泊人でした。
その男性が、遠藤和也(加藤晴彦)になり年齢は23歳です。遠藤和也(加藤晴彦)は新聞社の北海道支社に在籍しているカメラマンででしたが、ちょうどそのとき、同じ新聞社のカメラマンの楓宗一郎(反町隆史)とニューイヤー花火の撮影を待っていました。
時が来て、いきなり花火の音があたりに響き渡りました。花火が打ちあがったときにはちょうど99年の幕明けです。

夏樹は、フロントに電話を入れて部屋の中に満たされたカレーの臭いを取り除いてもらおうとしたわけです。
ドアを開けてカレーのお皿を出した夏樹の目に入ったのは、向かいの部屋の前に無造作に置かれたおせちのトレイでした。
中身を見るべく歩き出したとき、後方でドアの閉まる音がして閉め出されたわけです。

【オーバー・タイム-第4話・第5話・第6話】ドラマのあらすじ・見どころ

【ドラマ動画】オーバー・タイム-第4話・第5話・第6話

>>「オーバー・タイム」の高画質動画を無料で見るならコチラ

※以下ネタバレ注意

・オーバー・タイム-第4話「大人のキス」
・オーバー・タイム-第5話「キスの温度」
・オーバー・タイム第6話「許せない関係」

宗一郎(反町隆史)がなずな(木村佳乃)の所に宿泊し、朝帰りした朝は、明らかに普通の帰宅とは違っていました。
なぜか宗一郎(反町隆史)は玄関を開けるシミュレーションをひとりでしていたからです。
すると、新聞を取りに来た夏樹(江角マキコ)がその場に居合わせることになります。
朝帰りを確認した夏樹は、まるで自分にはたいして関心がないかのようにそっけなく振る舞いました。

朝食の仕度をしていた春子(西田尚美)が、同居している冬美(石田ゆり子)を起床させるようにいいましたが、なんとそこには血にまみれの冬美がいたのでした。
その姿を見て動揺した春子は、何者かにやられたかと思い急いで救急車を呼ぼうとしました。
ですが、冬美は、おもむろに顔をあげて「救急車は呼ばないで」と救急車を呼ぼうとする春子を制止します。

しかし、実際にシーツについていた赤い血液のようなものは、実際にはケチャップでわざわざ自分が倒れているふうに演じたわけです。

【オーバー・タイム-第7話・第8話・第9話】ドラマのあらすじ・見どころ

【ドラマ動画】オーバー・タイム-第7話・第8話・第9話

>>「オーバー・タイム」の高画質動画を無料で見るならコチラ

※以下ネタバレ注意

・オーバー・タイム-第7話「ずっと淋しかった」
・オーバー・タイム-第8話「急接近」
・オーバー・タイム-第9話「まちがい」

夏樹(江角マキコ)は、いつもの待ち合わせ場所になっている『オーバータイム』に行き久我(椎名桔平)を待っていました。
待ち合わせの時間には到着せず少し遅くなって到着した久我は、そこで食事を取り始めます。
それだけではなく、いつ自分がポケベルで呼び出されるかわからないためそれを告げていまました。

その一方で宗一郎(反町隆史)は、利奈(田中麗奈)がん入院している病室を訪れていました。
リハビリはしたくないと積極的に行おうとしない利奈でしたが、説得するためその場にいた宗一郎も邪魔だといい追い返すことになります。

夏樹は、ポケベルが鳴り病院に呼ばれた久我を見送った後は悠々と一人で映画館に行きました。
普段はあまりみませんが無性にみたかったホラー映画を一人で見るために、映画館を訪れたわけです。

館内は非常に暗く、ポップコーン片手に入って行くと、予想外の展開が起りました。
そこにいたのはなんと宗一郎だったわけです。
そのとき夏樹は、宗一郎となずな(木村佳乃)がけんかしたことを知り、しかもそれが自分が原因だったことを知ることになります。

【オーバー・タイム-第10話・第11話・最終回】ドラマのあらすじ・見どころ

【ドラマ動画】オーバー・タイム-第10話・第11話・最終回

>>「オーバー・タイム」の高画質動画を無料で見るならコチラ

※以下ネタバレ注意

・オーバー・タイム-第10話「寝てしまった…」
・オーバー・タイム-第11話「最後の告白」
・オーバー・タイム-最終回「予期せぬ結末」

なずな(木村佳乃)から不意に別れを告げられ落ち込んでいる宗一郎(反町隆史)でしたが、それと同時にもう一つの物語が進んでいきます。
もう一方では、久我(椎名桔平)が海外赴任をすることになり夏樹(江角マキコ)をまた別れを告げられる立場になりました。

お互い一人ぼっちになった二人は、それならば二人きりで飲もうとの話しになって、その後冬美(石田ゆり子)春子(西田尚美)が帰ってきました。

その日の夜遅くには、海外赴任が決まっている久我からの電話があり、その電話を最初に出たのは夏樹です。
夏樹は久我に対してあなたは以前、女の人を安心させることが男の役目だとっていたはずだと告げると久我を責めます。

しかし、夏樹は海外赴任の日にちを聞くと、そのまま電話を切ってしまいました。
電話を切ってから少し晴れやかな気分になり、明るく振る舞うようになります。
なずなは、ある決心をしましたが、それは北海道に帰ることをやめ、東京に残ることです。

【オーバー・タイム】の高画質動画を全話無料で見るならFODプレミアムで!


おすすめの関連ドラマ動画

【ビーチボーイズ】のドラマ動画1話~最終回まで高画質で無料視聴する方法はコレ!

2018.02.02

【グッドライフ】のドラマ動画1話~最終回まで高画質で無料視聴する方法はコレ!

2018.02.18

【ワンダフルライフ】のドラマ動画を高画質で全話無料で視聴する方法はコレ!

2018.03.08

【バージンロード】のドラマ動画1話~最終回まで高画質で無料視聴するならココ!

2018.02.11

【ショムニ】のドラマ動画1話~最終回まで高画質で無料視聴する方法はコレ!

2018.02.08

【ショムニ2ndシーズン】のドラマ動画を高画質で全話無料で視聴する方法はコレ!

2018.03.09

「オーバー・タイム」関連リンク

【注意!】オーバー・タイムの動画をPandoraやDailymotionで視聴するには・・・

違法アップロードの動画なのでお勧めしませんが…コチラをどうぞ。

【Pandora】
オーバー・タイムの動画検索結果

【Dailymotion】
オーバー・タイムの動画検索結果

【YouTube】
オーバー・タイムの動画検索結果