【めだか】あらすじネタバレ最終回の結末は→コレ!キャスト・主題歌も紹介!

ドラマ【めだか】あらすじネタバレ最終回の結末は→コレ!キャスト・主題歌も紹介!

【めだか】のキャスト

めだかのキャストですが、主人公でOLから定時制高校の教師に転身した目黒たか子役をミムラさんが演じています。
たか子の同僚役には椎名亮介役の原田泰造さんや矢部弘紀役の山本太郎さん、定時制主任の国見祥子役を浅野ゆう子さんがそれぞれ演じており、定時制高校の生徒役には瑛太さんや黒木メイサさん、泉谷しげるさんなど年齢に幅のある人たちが登場し、盛り立てています。

定時制高校ということもあり、世代や性別に関係なく様々な個性的な役柄が登場します。
そして生徒の関係者にも個性的な人が多く、たか子は翻弄されていきますが、体当たりでぶつかっていくその姿をミムラさんが好演しているのも注目です。
また月9ならではの恋模様もこのドラマの中では描かれており、ミムラさんがうまく表現しています。

【めだか】の主題歌

めだかの主題歌ですが、スピッツ「正夢」です。
スピッツの29枚目のシングルですが、元々は翌年に出すアルバムからシングルとして先行発表した楽曲の1つでもあります。
このドラマ以外にも企業CMともタイアップするなど、様々なところで聞くことができました。

曲の中身としては、心の中にある淡い恋、淡い願望が正夢になってほしいという内容になっており、ドラマとマッチしている印象です。
この中ではKANの「愛は勝つ」の作詞が引用され、それも話題を呼びました。

【めだか】ドラマのあらすじネタバレ

ネタバレを含むあらすじですが、目黒たか子はOLをしていたものの、わずか半年でリストラされます。
再就職先として選んだのはたまたま国語の教員免許を持っていたということで定時制高校の教員でした。
何事も長続きしないつまらない人間だと思っていたたか子は必要以上の干渉はするなという主任の言葉に内心ホッとするような状況でしたが、受け持ちのクラスに桜木の姿を見つけます。

桜木はたか子の小学生時代の同級生であり、同じ同級生が生徒と教師という立場になったことに、周りはもちろん生徒や教師たちも衝撃を覚えます。
またクラスの生徒たちがそれぞれに悩みや事情を抱え、必死に生きる姿を見て、たか子は気持ちを改め、生徒に対する干渉をしていくことにし、同僚の教師たちとぶつかっていく状況を生み出してしまいます。

教師側にもトラウマや傷があり、それらのことが生徒への干渉は避けるようにしていたことに気づかされます。
最終回に向けて、たか子だけでなく、同級生だった桜井にも衝撃的な結末が訪れようとしていました。
働いていた工務店をクビにされたことを周囲に言い出せず、バイトをして定時制高校に通えていない桜木を数々の試練が襲い、物語は最終回に向けて走り出します。


↓↓【高画質で無料視聴!】↓↓

めだか1

【めだか】全話の動画を高画質で無料視聴する方法はコチラ>>

【めだか】の最終回あらすじ結末ネタバレ

最終回のあらすじですが、資格取得に成功した人や就職先を決めた人などがいる中、生徒同士で結婚をすることになった小山田だけが進路未定の状態でした。
そのことを心配する椎名はたか子にサポートすることを願い出ますが、椎名は別の高校へ転職することになっていたことから、安心して送り出すためにその誘いを断ります。

小山田の就職が決まりそうというのを知り、たか子は結婚の事実を含めて周囲の人に公表していきます。
ネタバレのような状況を生み出す一方、結果的に面接で落ちてしまったことで小山田はたか子に激怒します。
それどころか、結婚すらなしになってしまうような流れを作り出してしまい、これまでずっと支えてきてくれた椎名先生に申し訳が立たないと落ち込みます。
ただ椎名だけでなく、桜木にも励まされ、背中を押され、たか子は就職に向けた活動にフル回転します。

なんとか小山田の就職先を見つけ、桜木もなんとか卒業できるようになり、卒業式を迎えます。
たか子は卒業式でも間抜けな姿を見せ、何を話せばいいか忘れてしまいますが、生徒たちがたか子に対して1人ずつ語り始め、個性的な生徒たちによって支えられてきたことに気づかされます。
最終回の結末としては劇的なものはないですが、このドラマらしいラストで締めくくります。


↓↓【高画質で無料視聴!】↓↓

めだか2

【めだか】全話の動画を高画質で無料視聴する方法はコチラ>>

【めだか】の視聴率

【めだか 第1話】2004年10月5日 視聴率:12.9%
【めだか 第2話】2004年10月12日 視聴率:10.0%
【めだか 第3話】2004年10月19日 視聴率:10.6%
【めだか 第4話】2004年10月26日 視聴率:7.3%
【めだか 第5話】2004年11月2日 視聴率:9.7%
【めだか 第6話】2004年11月9日 視聴率:10.8%
【めだか 第7話】2004年11月16日 視聴率:8.8%
【めだか 第8話】2004年11月23日 視聴率:8.0%
【めだか 第9話】2004年11月30日 視聴率:8.8%
【めだか 第10話】2004年12月7日 視聴率:9.0%
【めだか 最終回】2004年12月14日 視聴率:8.5%


↓↓【高画質で無料視聴!】↓↓

めだか3

【めだか】全話の動画を高画質で無料視聴する方法はコチラ>>

【めだか】の感想まとめ

主演のミムラさんは前年に行われた月9のオーディションで選ばれ、新人の身でいきなり月9の主演女優になるなど、立ち位置としてはめだかにおける目黒たか子と同じような半人前の存在です。
そのバックボーンとドラマの中のたか子が重なり合うような形になっていくことで、より共感しながらドラマを見ていくことができます。
生徒同士で恋になる一方、たか子と椎名の関係は最後まで尊敬する先輩と頼りない後輩という関係のままでした。

ヒューマンドラマとしての意味合いが強く、たか子の成長物語を描いたようなドラマです。
これまでにたくさんの恋愛ドラマを放送してきた月9のラインナップを見れば異色の存在ではありましたが、それでも多くの人に楽しんでもらえるドラマだったことは間違いありません。
視聴率的には芳しくなかったですが、作品としての評価は高く、今の時代にも通じる内容となっています。

激動の流れというのはなく、緩やかな流れのまま進み、最終回あたりはやや流れが急になりますが、その緩やかさもこのドラマの特徴です。
心が温まるだけでなく、生徒たち1人1人の人生を応援してあげたくなるような、ホロッと来てしまうようなドラマであり、感動する作品の1つです。


↓↓【高画質で無料視聴!】↓↓

めだか4

【めだか】全話の動画を高画質で無料視聴する方法はコチラ>>


過去の月9ドラマを無料で見放題!
過去の月9ドラマを無料で見放題!「のだめカンタービレ」「恋仲」「愛しあってるかい!」「ビーチボーイズ」「101回目のプロポーズ」「ひとつ屋根の下」「いつ恋」「ラブソング」などなど。全て無料で見放題!
今すぐ見るならコチラ>>