【ナオミ】あらすじネタバレ最終回の結末は→コレ!キャスト・主題歌も紹介!

【ナオミ】あらすじネタバレ最終回の結末は→コレ!キャスト・主題歌も紹介!

【ナオミ】のキャスト

ナオミは豪華なキャストも魅力のドラマです。
この物語の主人公である私立天晴学園の家庭科教師である藤堂直海を演じているのが女優の藤原紀香さんです。
この物語には藤堂直海以外にも、彼女の同僚の教師として同じ「ナオミ」という名前を持つ女性が登場しますが、そのうちの一人である生物担当の甲斐奈緒実を演じているのがモデルのりょうさんです。
三人目のナオミである古文担当教師の矢代尚美は女優の佐藤藍子さんが演じています。
ドラマには男性教師も登場しますが、体育を担当している久保光一を演じているのが俳優の中村俊介さんです。
学校の校長である広岡治は森本レオさんが演じています。
主人公が担任を努める2年H組の生徒役としては、北川弘美さんや小池栄子さん、矢沢心さんなどが出演しています。

【ナオミ】の主題歌

「ナオミ」の主題歌として使用されているのは、「Girls,be ambitious!」という曲です。
歌っているのはTRUE KiSS DESTiNATiONという二人組のユニットです。
この曲のボーカルを担当しているのは吉田麻美さんで、吉田さんはもともとdosというグループでダンサーとして活動していました。
この曲の作詞と作曲をしたのはもう一人のメンバーである小室哲也さんで、編曲も小室さんが担当しています。

【ナオミ】ドラマのあらすじネタバレ

「ナオミ」の最終回の結末までの主なあらすじは以下のとおりで、ネタバレが含まれています。
物語は主人公である藤堂直海が、私立の進学校である天晴学園に新たに赴任したところから始まります。
直海は天晴学園で赴任する以前に26回も仕事をクビになったことのある問題教師で、彼女は天晴学園の中でも特に問題児が多く集められている2年H組の担任を任せられました。
クラスの担任教師として直海は型破りな指導法で生徒たちを指導していくのですが、一人の教師としてだけではなく、人間としての生き方も直海は生徒たちに教えていきます。
ドラマは毎回特定の生徒を主人公にしてストーリーが展開していくのが特徴です。
第一話では内藤陽子さん演じる田宮今日子さんを中心にして物語が展開していきます。
第二話では仲根かすみさん演じる佐伯あすかが主人公で、あすかは学年でもトップの成績の生徒でした。
北川弘美さんが演じている相田夏美が主人公になっているのが第三話で、この話ではミスコンテストでの騒動が描かれています。
ドラマでは社会的な問題を取り上げた話も多く、第四話ではストーカーを題材にした物語が展開します。
その後も監禁騒動など、さまざまな事件が物語内で次々と起こっていきます。


↓↓【高画質で無料視聴!】↓↓

ナオミ1

【ナオミ】全話の動画を高画質で無料視聴する方法はコチラ>>

【ナオミ】の最終回あらすじ結末ネタバレ

「ナオミ」の最終回の結末は以下の通りで、ネタバレが含まれています。
最終回のあらすじは学園の理事長である尾崎一馬が、合併によって学校がなくなるということを生徒に教えるところから始まります。
学園を守るために直海と2年H組の生徒たちは立ち上がることになり、そのために考え出したのが、生徒全員で大縄跳びをして世界記録に挑戦することです。
直海と生徒たちは一丸となって努力を続けたのですが、本番の当日、使用していた縄が切れるというアクシデントに見舞われて、直海たちの挑戦は失敗に終わってしまいます。
このような直海と生徒たちの奮闘を見ても、理事長は決して合併を中止しようとしなかったのですが、直海たちの努力を見て強く心を動かされたのが、直海の同僚の教師たちでした。
教師たちは学校を存続させるため協力して、理事長に合併をやめるように働きかけます。
そして合併の調印が行なわれる日、生徒や教師たちが現場に全員で集合して、その熱い気持ちに感動した理事長はついに意志をくつがえし、合併を白紙に戻します。
このようにして学校の消滅を防ぎ、天晴学園の生徒と教師に幸せを取り戻した藤堂直海は、新たな職場を求めて一人学校を去ります。


↓↓【高画質で無料視聴!】↓↓

ナオミ2

【ナオミ】全話の動画を高画質で無料視聴する方法はコチラ>>

【ナオミ】の視聴率

【ナオミ 第1話】1999年4月14日 視聴率:16.6%
【ナオミ 第2話】1999年4月21日 視聴率:13.7%
【ナオミ 第3話】1999年4月28日 視聴率:13.0%
【ナオミ 第4話】1999年5月5日 視聴率:15.5%
【ナオミ 第5話】1999年5月12日 視聴率:13.8%
【ナオミ 第6話】1999年5月19日 視聴率:17.1%
【ナオミ 第7話】1999年5月26日 視聴率:13.2%
【ナオミ 第8話】1999年6月2日 視聴率:14.3%
【ナオミ 第9話】1999年6月9日 視聴率:13.4%
【ナオミ 第10話】1999年6月23日 視聴率:14.8%
【ナオミ 第11話】1999年6月16日 視聴率:14.1%
【ナオミ 最終回】1999年6月30日 視聴率:14.0%


↓↓【高画質で無料視聴!】↓↓

ナオミ3

【ナオミ】全話の動画を高画質で無料視聴する方法はコチラ>>

【ナオミ】の感想まとめ

「ナオミ」を初回から最終回の結末まで見た感想は、最初から最後まで飽きることなく楽しめたということです。
10年以上前に放映されたこのドラマを今改めて見て感じたことは、キャストが非常に豪華であるということです。
特に生徒役が豪華で、現在ではドラマの主役を務めているような有名な女優なども、若手として生徒役で出演しているのは興味深いところです。
北川弘美さんなどもそうした女優の一人で、このドラマに出演していた頃の北川さんはまだ十代後半の若さでした。
その他に小池栄子さんなども女優として生徒役で出演していて、若い頃の小池さんが見られるのが非常に新鮮です。
その一方でこのドラマで主役を演じている藤原紀香さんの演技もこのドラマの大きな見どころの一つです。
教師を過去に26回もクビになった型破りな教師を藤原さんが大胆に演じていて、藤原さんが演じた役の中でもはまり役の一つです。
教師としてだけでなく一人の人間として生徒と向き合っている藤堂直海は、藤原さんのイメージとぴったりと合っています。
藤堂直海の同僚であるもう二人のナオミの存在もこのドラマには欠かせないものであり、女同士の熱いライバル関係や友情を楽しめるのも物語の大きな魅力です。


↓↓【高画質で無料視聴!】↓↓

ナオミ4

【ナオミ】全話の動画を高画質で無料視聴する方法はコチラ>>


過去の月9ドラマを無料で見放題!
過去の月9ドラマを無料で見放題!「のだめカンタービレ」「恋仲」「愛しあってるかい!」「ビーチボーイズ」「101回目のプロポーズ」「ひとつ屋根の下」「いつ恋」「ラブソング」などなど。全て無料で見放題!
今すぐ見るならコチラ>>