【WITH LOVE】あらすじネタバレ最終回の結末は→コレ!キャスト・主題歌も紹介!

【WITH LOVE】あらすじネタバレ最終回の結末は→コレ!キャスト・主題歌も紹介!

【WITH LOVE】のキャスト

「WITH LOVE」は1998年からフジテレビ系列で放送されたテレビドラマで、主人公の作曲家・長谷川天を俳優の竹野内豊が演じています。
天はCM曲を主に手掛ける作曲家で、作品中によく登場するハンドル名は「hata」です。
それからヒロイン役の村上雨音は、女優の田中美里が演じています。
雨音は入社三年目の銀行員という役柄で、ハンドル名は「てるてる坊主」です。
その他にも「WITH LOVE」には、主人公の天にちょっかいを出す雨音のライバルとなる今井佳織や雨音に恋をする商社マン吉田晴彦などのキャストが登場します。
今井佳織役は女優の藤原紀香が演じており、吉田晴彦役はミュージシャンで俳優でもある及川光博が演じています。

【WITH LOVE】の主題歌

テレビドラマ「WITH LOVE」の主題歌は、My Little Loverが歌う「DESTINY」です。「DESTINY」はMy Little Loverの11枚目のシングル曲で、ドラマのためにリリースされました。
愛する人を思う切ない恋心を歌い上げている珠玉のラブソングに仕上がっています。
My Little Loverの楽曲の中でも代表的な作品で、ドラマと連携した効果もあって大ヒット曲となりました。
五十万枚を超える売上を記録しています。

【WITH LOVE】ドラマのあらすじネタバレ

「WITH LOVE」のあらすじネタバレです。
主人公の天がメールを間違えて雨音に送信してしまうところから始まります。
当時、普及しつつあったインターネットを通じた恋愛をテーマにしています。
天のハンドル名は「hata」で、雨音はハンドル名を「てるてる坊主」としています。
天がメールを間違って送ってしまったことがきっかけで、二人はメル友になりました。
実は二人は同じビルで顔を合わせているのですが、雨音はパリにいる留学生で元OLと名乗っており、天も作曲家を辞めて今は小学校で音楽教師をしていると嘘をついているためお互いが近くにいることに気付いていません。
メールを繰り返すうちに次第に惹かれあっていくようになります。
また、今井佳織や吉田晴彦といった人物たちも登場し、4人の恋愛模様が描かれて行きました。
吉田が「hata」を装って登場するといったこともありましたが、二人はようやくお互いが近くにいることに気付きます。
そして天は、今まで嘘をついていたことを打ち明けました。
しかし、雨音は吉田のポロポーズを受け入れて結婚することにしてしまいます。
すれ違う二人の結末は一体どうなるのか、最終回へと続いていきます。


↓↓【高画質で無料視聴!】↓↓

WITH LOVE1

【WITH LOVE】全話の動画を高画質で無料視聴する方法はコチラ>>

【WITH LOVE】の最終回あらすじ結末ネタバレ

「WITH LOVE」の最終回のあらすじネタバレです。
雨音は吉田とパリに来ていました。
自分が選んだことだから後悔はないと自分に言い聞かせているようですが、上の空といった感じです。
吉田が仕事をしている間、彼女は自由に出かけられるのですがホテルに閉じこもってしまったままでいます。
雨音の心がhataにあると分かった吉田は、彼女を日本に送り返すことにしました。
一方、天は6年前にいきなり自分の目の前から消えてしまった恋人リナに会います。
彼女は双子の母親になっており、6年前のことについて話をします。
言葉を重ねなかったから上手くいかなかったというリナに、天は納得します。
そして仕事でパリに行き、吉田と会いました。
雨音が日本に帰国していることを知ります。
そしてラジオを通して雨音に、自分の心に素直になるようにと訴えました。
実家にいた雨音はそれに気づき、東京へ戻って天と会いお互いの気持ちを確かめ合って堅く抱き合います。
二人の絆は深くなり、ハッピーエンドの結末を迎えました。
また、銀行に出していた退職願も取り消すことができて、窓口に復帰することになります。
天はフランスで仕事をしているので遠距離ですが、メールのやり取りは毎日しています。


↓↓【高画質で無料視聴!】↓↓

WITH LOVE2

【WITH LOVE】全話の動画を高画質で無料視聴する方法はコチラ>>

【WITH LOVE】の視聴率

【WITH LOVE 第1話】1998年4月14日 視聴率:19.8%
【WITH LOVE 第2話】1998年4月21日 視聴率:17.4%
【WITH LOVE 第3話】1998年4月28日 視聴率:14.6%
【WITH LOVE 第4話】1998年5月5日 視聴率:14.8%
【WITH LOVE 第5話】1998年5月12日 視聴率:16.3%
【WITH LOVE 第6話】1998年5月19日 視聴率:16.3%
【WITH LOVE 第7話】1998年5月26日 視聴率:17.7%
【WITH LOVE 第8話】1998年6月2日 視聴率:17.6%
【WITH LOVE 第9話】1998年6月9日 視聴率:17.8%
【WITH LOVE 第10話】1998年6月16日 視聴率:19.1%
【WITH LOVE 第11話】1998年6月23日 視聴率:20.3%
【WITH LOVE 最終回】1998年6月30日 視聴率:23.6%


↓↓【高画質で無料視聴!】↓↓

WITH LOVE3

【WITH LOVE】全話の動画を高画質で無料視聴する方法はコチラ>>

【WITH LOVE】の感想まとめ

「WITH LOVE」は、これぞ王道のラブストーリーといったドラマです。
メールを間違って送信してメル友になるなんて現実には起こらないだろうというエピソードが満載ですが、不思議と引き込まれて行ってしまいます。
メールでは仲良しなのに、顔を合わせると犬猿の仲というのもドラマの設定としては定番のような気がします。
しかし、このドラマの魅力はそういったところにあるのかもしれません。
現実にはあり得ないストーリーが胸をキュンとさせてくれます。
天と雨音が近くにいながらすれ違ってしまうのが歯がゆかったり、二人が心を通わせてメールをやりとりしている様子が可愛らしく思えたりします。
登場するキャストにも魅力的なキャラクターが揃っています。
及川光博が演じる吉田、hataになりすましたり天と雨音を引き裂く悪役キャラなのですが、最終回では今までのことが嘘のようにとてもカッコ良い人物へと変わっています。
特に雨音を日本に送り返すシーンでは、爽快な感覚になりました。
吉田がこんなに素敵な人だったのかと思えたシーンです。
また、見守ってきた主人公とヒロインの二人がハッピーエンドの結末を迎えて、心から良かったと思えるドラマでした。


↓↓【高画質で無料視聴!】↓↓

WITH LOVE4

【WITH LOVE】全話の動画を高画質で無料視聴する方法はコチラ>>


過去の月9ドラマを無料で見放題!
過去の月9ドラマを無料で見放題!「のだめカンタービレ」「恋仲」「愛しあってるかい!」「ビーチボーイズ」「101回目のプロポーズ」「ひとつ屋根の下」「いつ恋」「ラブソング」などなど。全て無料で見放題!
今すぐ見るならコチラ>>