【イヴ】あらすじネタバレ最終回の結末は→コレ!キャスト・主題歌も紹介!

ドラマ【イヴ】あらすじネタバレ最終回の結末は→コレ!キャスト・主題歌も紹介!

【イヴ】のキャスト

イヴのキャストは魅力的な俳優人たちが抜擢されており、話題のドラマでした。精神科医小泉三太役を演じているのが唐沢寿明です。
実家は総合病院を経営しています。
藤原家の1人娘藤原沙織は音大でピアノを専攻しており、葉月里緒菜が演じており、孤独な生い立ちをしている女性です。
政略結婚の為に沙織にアプローチをかけてくる勤務医日柳俊輔を高橋克典が演じています。
この他にもパフィの大貫亜美が木村アミ、吉村由美が榎本ユミを演じています。
お笑いタレントの山田花子も出演しており、居酒屋ひばりの経営者石垣タミ役です。
三太の娘で高校生役の園部美加を星野真理が演じており、足に障害がある難しい役どころでした。
藤原家の住み込みメイド役下村貴久子は原沙知絵が演じています。

【イヴ】の主題歌

【イヴ】の主題歌はPUFFYが歌っており「MOTHER」という曲です。1997年12月に販売された曲で、作詞作曲編曲は:奥田民生です。
ちなみにこの曲を歌うパフィはドラマにも出演しています。
挿入歌はセリーヌ・ディオンでセリーヌ・ディオン「Be the Man」という曲です。この曲は1997年の11月に日本だけ販売された曲ですので、ドラマイヴだけのために作られたバラード曲です。英語と日本語の二つのバージョンがあります。

【イヴ】ドラマのあらすじネタバレ

【イヴ】のあらすじ、ネタバレは小泉三太は型破りな治療を行う人物として変わり者で有名な精神科医でした。
ある日精神科医の小泉三太に藤原財閥の執事を務める男からある依頼をされました。それは藤原財閥の一人娘の沙織の治療をすることでした。
一度は治療をすることを断ったのですが、藤原沙織が心に抱える闇に興味を持ち、治療をすることに決めました。
藤原沙織は子供の時に、母の死の原因と父親が言った言葉がずっと心の中でトラウマとなっており、トラウマを抱えたまま生きていました。
普段は威圧的な言動が多いため、周囲とトラブルになってしまうことも多くありました。
精神科医が家にやってきた理由を聞いて、藤原沙織は激怒するのですが、次第に心を開くようになっていきます。
三太には高校生の娘がいるのですが、足に障害があるため治療費を稼ぐために、住み込みで沙織の運転手とカウンセラーを行うことにしました。そのお金で娘の足の手術を受けさせてやりたいと考えています。
最終回の結末は静岡に帰ろうとする三太と娘の元に沙織が行こうとするが、勤務医の俊輔に止められてしまいました。母親の死の真相について沙織は知ります。ラストで二人は真実の愛を誓い合うことになります。


↓↓【高画質で無料視聴!】↓↓

イヴ1

【イヴ】全話の動画を高画質で無料視聴する方法はコチラ>>

【イヴ】の最終回あらすじ結末ネタバレ

イヴの最終回の結末のあらすじとネタバレは、三太と娘の実加は静岡に帰ろうとして、バスを待っていました。実家に帰ることによって祖母が足の治療費を支払ってくれる条件になっていることを実加は知っていました。
ちょうどその時、沙織は晃がなぜ死んでしまったのかその真相を知りショックを受けていました。急いで病院から立ち去ろうとしましたが、勤務医の俊輔に止められてしまいます。
三太が窓の外を見ていると、いつの間にか娘の実加はバスから降りており、自分らしく生きていない三太は好きではないと叫び、バスは去っていきました。
俊輔は沙織が薬の乗用車であることを知り、ショックを受けていましたが、自分が沙織を助けると三太に宣言していました。
沙織は勤務医の俊輔から公章が末期の肝臓がんであることを聞きます。末期の肝臓がんであるため、自分と俊輔の結婚を急がせていたのかと気づかれます。また公章の事故の原因を三太だと勝手に決めつけたことを後悔していました。
俊輔のもとに娘の実加がやってきて、父親の三太の居場所に心当たりがないかどうかを尋ねます。
俊輔は大学時代の恩師のことを思い出し、実加に話しているとその話を小柴が聞いており、その恩師がいる場所に自分が行くといい、小柴は三太の元へ出かけていきました。
ラストで沙織と三太は真実の愛を誓いあうことになります。


↓↓【高画質で無料視聴!】↓↓

イヴ2

【イヴ】全話の動画を高画質で無料視聴する方法はコチラ>>

【イヴ】の視聴率

【イヴ 第1話】1997年10月16日 視聴率:17.0%
【イヴ 第2話】1997年10月23日 視聴率:18.1%
【イヴ 第3話】1997年10月30日 視聴率:12.3%
【イヴ 第4話】1997年11月6日 視聴率:12.9%
【イヴ 第5話】1997年11月13日 視聴率:13.6%
【イヴ 第6話】1997年11月20日 視聴率:14.2%
【イヴ 第7話】1997年11月27日 視聴率:14.1%
【イヴ 第8話】1997年12月4日 視聴率:不明
【イヴ 第9話】1997年12月11日 視聴率:15.0%
【イヴ 最終回】1997年12月18日 視聴率:17.8%


↓↓【高画質で無料視聴!】↓↓

イヴ3

【イヴ】全話の動画を高画質で無料視聴する方法はコチラ>>

【イヴ】の感想まとめ

イヴは豪華キャスト出演の魅力的なドラマです。
沙織役の葉月里緒菜も役柄にピッタリで、我儘お嬢様ぶりや心の寂しさなどがよく表現されており、画面に釘付けになってしまいます。
また三太役の唐沢寿明も、まったく精神科医らしく見えないのですが、人の心の動きに敏感で本当はいい人であることがよく伝わるドラマでしょう。
最終回の結末も面白いのですが、第一話から衝撃的なシーンで始まりますので、見逃すことが出来ません。
イヴの日にビルの屋上からお嬢様でもある沙織が転落するのですが、そこに小泉三太が居合わせ、お嬢様を助けるシーンからドラマが始まります。
沙織は心の寂しさを埋めるために精神安定剤を多量に飲んでしまったり、酒や男遊びに走っていますが、人を本気で愛したことがない恋愛恐怖症もあります。
途中三太が精神科医であることがバレてしまうのですが、沙織と三太の距離が次第に縮まっていくところも見どころの一つだといえるでしょう。
こんな手のかかるお嬢様にかかりたくはないと思う三太ですが、その一方でその心の闇から救い出してあげたいと思う心情も視聴者に痛いほど伝わってきますので、見どころのあるドラマだといえるのではないでしょうか。


↓↓【高画質で無料視聴!】↓↓

イヴ4

【イヴ】全話の動画を高画質で無料視聴する方法はコチラ>>


過去の月9ドラマを無料で見放題!
過去の月9ドラマを無料で見放題!「のだめカンタービレ」「恋仲」「愛しあってるかい!」「ビーチボーイズ」「101回目のプロポーズ」「ひとつ屋根の下」「いつ恋」「ラブソング」などなど。全て無料で見放題!
今すぐ見るならコチラ>>