【絶対零度~未解決事件特命捜査~スペシャル】のドラマ動画を高画質で無料で視聴するならココ!

絶対零度~未解決事件特命捜査~スペシャル

【絶対零度スペシャル】キャスト・主題歌は?

キャスト:上戸彩/宮迫博之/山口紗弥加/丸山智己/北川弘美/木村了/中原丈雄/杉本哲太/北大路欣也 ほか
主題歌:LOVE PSYCHEDELICO「Shadow behind」
脚本:酒井雅秋

『絶対零度~未解決事件特命捜査~』は、上戸彩が主演の刑事ドラマでした。
連続ドラマの『~未解決事件特命捜査~』から、その後放送されたのが単発のスペシャルドラマ『絶対零度~未解決事件特命捜査~スペシャル』です。
『絶対零度~未解決事件特命捜査~スペシャル』では、連続ドラマ『絶対零度~未解決事件特命捜査~』の特命捜査第4係から所轄に異動となった女刑事の活躍を描きます。

[ストーリー] 警視庁内では大規模な人事異動がありました。
長嶋秀夫(北大路欣也)が特殊犯罪捜査対策室に異動になったことで、所轄の桜木泉(上戸彩)は長嶋の下に呼び戻された。
同時に、特命のメンバーも新たな部署に異動があり、それぞれに四苦八苦していた。
桜木と組まされたのは、高い知識と能力があり、経験を重ねた瀧河巡査部長(桐谷健太)だった。
瀧河は桜木と組むことに納得できないながらも、桜木の指導を厳しく行った。
ある日、不審な連続死亡事故が起こった。
遺族からは事故を調べ直して欲しいという依頼が所轄にいくつも届き、捜査会議が執り行われた。
どの事故に関しても、様々な企業の商品の欠陥が原因で起こった死亡事故とされていた。
しかし、死亡事故が一定期間連続して起こり、その後一切起こらなくなったという不思議な現象や、どの被害者も確実に死んでいるという点など、作為的なものが感じられると高峰涼子(山口紗弥加)が推測した。
このままでは、再び事件が起こることが推測され・・・、『連続企業恐喝』の可能性が疑われたのだ。

[主題歌] 『絶対零度~未解決事件特命捜査~スペシャル』の主題歌は、LOVE PSYCHEDELICO の『Shadow behind』です。

【絶対零度スペシャル】ドラマのあらすじ・見どころ

絶対零度スペシャル>>「絶対零度~未解決事件特命捜査~SP」の高画質動画を無料で見るならコチラ

※以下ネタバレ注意

大規模な人事異動があった警視庁内では、長嶋が特殊犯罪捜査対策室が異動となり、長嶋の推薦で泉も所轄へ借り出されていました。
一方、深沢は捜査一課殺人犯捜査の係長となりました。
しかし所轄に異動となった泉は、事件に携わることができずに悩みます。
所轄内で居場所を見つけられずに焦る泉でしたが、そんなときに特命との豪壮捜査が舞い込みます。
その事件は、白石が14年前から追っていた“八王子事件”でした。

勝気な泉の泉らしさが出ていますね。
そうでなくっちゃ!と思わせる展開が待っています。

14年前の“八王子事件”、殺害されたのは不法滞在のイーリンという中国人でした。
そのときの凶器とされる拳銃と同じ銃で殺害された男性死体が、焼死体で発見されたのです。
同一犯が考えられる2つの事件・・・。

イーリンを知る山本という男と会いに行く白石に泉は着いていき、焦る気持ちを抑え切れず捜査がしたいと走り出してしまいます。
そして彼女は、臓器売買を行う組織と、焼死体で発見された坂東という医者、外国人女性を使った子どもの人身売買まで突き止めます。
そこに現職の大臣が関与していたことまで知ることができましたが、三原大臣は全て当時の秘書がやったことだとはぐらかします。
しかしそこで、上からの圧力がかかって捜査は打ち切りとなってしまうのです。
科学捜査の尽力で、焼け跡で見つかった遺留品に、タツノオトシゴの破片やあるスナックのマッチ箱が発見されました。
そして、捜査線上には“立花”という男が浮かび上がります。
“立花”が、殺人犯ではないのか?!と疑いを持ちますが、・数日後、“立花”は遺体となって発見されたのです。
死因は心筋梗塞、風呂の浴槽の中で発見されました。
遺された銃は、14年前の事件と今回の殺人事件とも一致したものです。

被疑者死亡のまま、事件は解決・・・。
泉たちは、この煮え切らない最後に納得できません。
事件を最後まで調べつくしたとは言えない状況の中、「信念を曲げるな!」という長嶋の言葉で泉は決意を固めます。
そしてこの捜査の指揮官・深沢は、捜査続行を指示したのです。
放火殺人と大臣の関与は、残ったままでした。
深沢は「強制ではない」と言いましたが、特命は全員参加!
そしてほかの捜査員も全員、参加の意思を示したのです。

ここから泉の本領発揮!
負けん気と根性は、男に負けない泉です!

泉が殺害された野沢の足跡を辿ると、彼が最後に会っていた人物が三原大臣だったことが分かりました。
三原の息子は、実は坂東から買ったというのです。
子どもを買うという、不妊治療に苦しんだ末の決断に、2人は共感していたのです。
しかし本当の母親が会いに来たことで、三原は恐怖を覚えたと言います。
そして坂東は、見せしめに三原大臣の前でイーリンを殺した・・・。
それは三原大臣を共犯者に仕立て上げるための行為で、口封じだったのかもしれない・・・。
その実行犯が立花だったのだ・・。

しかし三原は、決して名誉を守るためにそのことを隠していたわけではないのです。
「息子を奪われるのが怖かった」
それだけだったのです。
10年間、それは不妊治療を行った期間。
そしてやっと叶えることができた子どもを持つということ、家族を、守りたかったと告白します。

大臣が野沢に最後に会った理由、それは野沢が殺されたイーリンを探していたからでした。
野沢の娘の咲は、白血病を患っていました。
そして娘の命を救うために、野沢は咲の母親イーリンの骨髄に可能性を賭けていたのです。

咲は母親に捨てられ、売られて、両親にずっと騙されていました。
最終的には自分が白血病になり、絶望の中で、出て行った父親に怒りを感じていました。
しかし父は、最後まで娘のために奔走していたのでした。
そして、お金のために娘を売った母親イーリンは、後悔の中で愛おしさの余り、何度も咲を見に来ていました。

大臣親子もイーリン母娘も複雑な関係であることで、さらに切なさを感じてしまいます。

両親共に他界した咲は、絶対に生きることを心に誓います。
「生きてればさ、いつか来るのかな?許せる日が・・・」
咲の気持ちに泉は、「私はそう信じたい」と応えます。

立花の銃から発見された汗は、女性のものでした。
そこで浮かび上がったのが、坂東の傍にいた看護師の畑山でした。
泉と塚本が咲の母親に聞き込みを行い、彼女が思い出したのが畑山だったのです。

全ての黒幕は畑山。
荒稼ぎをし、証拠隠滅のために坂東と野沢を殺害し、放火。
そして実行犯の立花までも殺したのです。

畑山が勤める病院を塚本と泉が訪ねると、悪びれる様子もなく「善意だった」と言いました。

「赤ちゃんが欲しいと言う人にあげただけ。何が悪いの?」

塚本が畑山に手錠をかけようとした瞬間、畑山がカバンに忍ばせていた銃で、塚本が撃たれたのです。

まさかの展開!
塚本が撃たれるなんて!!

畑山は逃走し、塚本の名前を叫ぶ泉の声が響き渡りました。

【絶対零度~未解決事件特命捜査~SP】の高画質動画を無料で見るならFODプレミアムで!


おすすめの関連ドラマ動画

【絶対零度〜未解決事件特命捜査〜】のドラマ動画を高画質で全話無料で視聴する方法はコレ!

2018.02.07

「絶対零度~未解決事件特命捜査~SP」関連リンク