【ゴーストライター】のドラマ動画を高画質で全話無料で視聴するならココ!

ドラマ動画【ゴーストライター】

【ゴーストライター】ダイジェスト動画をチェック!

【ゴーストライター】の高画質動画を全話無料で見るならFODプレミアムで!

【ゴーストライター】キャスト・主題歌は?

キャスト:中谷美紀/水川あさみ/三浦翔平/菜々緒/羽場裕一/水橋研二/小柳友/高杉真宙/キムラ緑子/江波杏子/石橋凌/田中哲司
主題歌:androp「Ghost」
脚本:橋部敦子

中谷美紀が13年ぶりに主演となり、女流小説家遠野リサを演じています。
天才小説家として売れっ子にもかかわらず、誰にも言えない苦悩を抱える女性を好演しています。
アシスタントでゴーストライターとなるのは、川原由樹こと水川あさみです。
天才小説家にあこがれ、ゴーストライターとして影ながらリサを支えますが、次第に自分の才能を世間にもっと認めてもらいたい衝動にかられドラマはサスペンスドラマに展開していきます。
リサを献身的に支える秘書の田浦美鈴をキムラ緑子、認知症を患うリサの母親である遠野元子を江波杏子が演じています。
リサの恋人でもあり担当編集長には神崎雄司こと田中哲司が、同じく文芸雑誌編集者の小田颯人を三浦翔平、塚田真奈美を菜々緒が演じます。
二人は太陽と月の関係でありお互いにならなくてはならない存在になりつつも関係は複雑になっていきます。
二人の女性の対決が見どころです。
主題歌は、andropの「Ghost」、オープニングテーマを三浦大知の「Unlock」が使用されています。

【ゴーストライター-第1話・第2話・第3話】ドラマのあらすじ・見どころ

【ドラマ動画】ゴーストライター-第1話・第2話・第3話

>>「ゴーストライター」の高画質動画を無料で見るならコチラ

※以下ネタバレ注意

・ゴーストライター-第1話「罪への秒読み?偽りの日々の始まり」
・ゴーストライター-第2話「夢か結婚か、それとも嘘か…泥沼の決断」
・ゴーストライター-第3話「罠か、チャンスか、デビューの甘い誘惑」

類いまれな美貌と才能を兼ね備えた小説家遠野リサは、ヒットを飛ばし続け、作品が映像化されるなどベストセラー作家として誰もが羨む存在でした。
しかし、自分では書けなくなっていくことに気づき始めてもいました。
その頃、川原由樹は婚約者に1年だけの約束として小説家を目指した最後の挑戦に東京にやってきました。
由樹は、自分の原稿を出版社に直接持ち込み読んでもらおうした際に、遠野リサのアシスタントの話を持ちかけられます。
リサは、由樹をアシスタントとして採用し、連載中のドラマのプロットを書くように言い渡します。
その頃、リサは小説の映画化が決まっていましたが既に書くことができないことに苦しみ始めていました。
ネットでも読者が離れていくことを痛感していました。
由樹が代わりに書くプロットは好評でリサの評判は再び上がり始めます。
リサは、とうとう新連載の設定からストーリーまで由樹に任せるようになりました。
由樹の才能に気づいたリサの恋人でもあり担当編集長の神崎は、由樹に小説を書くことを持ちかけるのです。
それを知らないリサは、新たな小説「おとぎの国の住人」を書き始めます。
また、一方で由樹もまた同じ小説を書き始めるのです。

【ゴーストライター-第4話・第5話・第6話】ドラマのあらすじ・見どころ

【ドラマ動画】ゴーストライター-第4話・第5話・第6話

>>「ゴーストライター」の高画質動画を無料で見るならコチラ

※以下ネタバレ注意

・ゴーストライター-第4話「原稿をください…消えた天才作家の誇り」
・ゴーストライター-第5話「舞台に上がったゴースト。逆襲の始まり」
・ゴーストライター-第6話「私は真実を述べます…嘘つきにくだされる法の裁き」

ほとんど書くことのできなくなった天才小説家は、連載小説の全てをゴーストライターに任せ、映画の原作に徹するようになりました。
担当編集者の一人である小田は、由樹が自分の名前で出した本の作風とリサの最近の作風が似ていることに気づき始めて疑念を抱くようになります。
由樹は、ゴーストライターで書いた小説はベストセラーとして認められるのに、自分の名前では売ることができないことに不甲斐なさを感じ始めます。
そんな思いに気づいたリサは、遠野リサという名前があってこそ小説は売れる、内容を書いているのはあなたなのだから私たちは共犯であり、二人で遠野リサなのだと諭します。
才能を認めながら、それは自分があってこそだと主張するのです。
この頃から由樹は自身の才能を世間に認めてほしい思いに駆られ始めます。
天才小説家は、とうとう映画の原作も書くことができず、ゴーストライターの手により映画が完成しました。
その完成披露試写会で由樹は自分がゴーストライターであると告白してしまうのです。

【ゴーストライター-第7話・第8話】ドラマのあらすじ・見どころ

【ドラマ動画】ゴーストライター-第7話・第8話

>>「ゴーストライター」の高画質動画を無料で見るならコチラ

※以下ネタバレ注意

・ゴーストライター-第7話「私は消えたい…勝利のシナリオの結末」
・ゴーストライター-第8話「作家・遠野リサの死。よみがえる若き才能」

自身がゴーストライターであることを暴露した由樹でしたが、リサの証言により全て打ち砕かれてしまいます。
由樹のことを虚言壁があり精神的に問題があったからだと世間には説明したのです。
このことで、世間やマスコミからバッシングを受けることとなり世間から姿を隠すように生活をするようになりました。
一方、大事なゴーストライターを失ったリサは書くこと自体から逃れたいと思いが膨らみ引退を決意します。
書けなくなった以上ゴーストライターの存在を認め真実を告げることにしたのです。
引退の決意を聞いた神崎は、由樹に会い、これまでのことを謝罪します。
そして、リサの名前で出版した小説をすべて回収して名前を刷り直すことを約束し、川原由樹本人の名前で早急に小説を書き下ろすことを頼みました。
神崎は、リサがゴーストライターを使っていたことは独断であり、出版社側も被害者なのだとして、由樹の本の出版をそのタイミングで目論んでいたのです。

【ゴーストライター-第9話・最終回】ドラマのあらすじ・見どころ

【ドラマ動画】ゴーストライター-第9話・最終回

>>「ゴーストライター」の高画質動画を無料で見るならコチラ

※以下ネタバレ注意

・ゴーストライター-第9話「天才は帰ってくるのか?退屈で平和な日々の果てに」
・ゴーストライター-最終回「最終回・女王の帰還。罪深き二人の女の逆襲」

由樹は小説家としての成功を手に入れながらも「ゴーストライター」というラベルを外せないことに苦悩し始めます。
同じように書けない苦しみを味わい始めるのです。
一方、小説から完全に離れたリサは、書くことから解放されることによって再び書く才能が蘇りました。
そんな中、二人は再会します。
新たに書き上げたリサの小説を読み、由樹は原稿を書籍化することを神崎にお願いしますが、ゴーストを使って世間を欺いた作家の復帰などあり得ないと出版を拒否します。
諦めきれない由樹は、神崎の上司である鳥飼常務取締役(石橋凌)に直談判し、小さな出版社から共同執筆で自費出版する提案を受けるのです。
遠野リサと川原由樹は「偽りの日々」を共同執筆し大ヒットさせます。
リサは文壇の女王として完全に復活し、由樹はゴーストライターのラベルを完全に剥ぐことに成功します。
「偽りの私も、本当の私だ。愚かで愛すべき私なのだ」という最後の天才小説家の言葉は、どん底に落ちたからこそ言える完全復活宣言です。

【ゴーストライター】の高画質動画を全話無料で見るならFODプレミアムで!


おすすめの関連ドラマ動画

【花の鎖】のドラマ動画を高画質で無料で視聴するならココ!

2018.04.16

【人は見た目が100パーセント】のドラマ動画を高画質で全話無料で視聴するならココ!

2018.02.12

【マザー&ラヴァー】のドラマ動画を高画質で全話無料で視聴するならココ!

2018.03.06

【僕のいた時間】のドラマ動画1話~最終回まで高画質で無料視聴するならココ!

2018.02.09

「ゴーストライター」関連リンク

【注意!】ゴーストライターの動画をPandoraやDailymotionで視聴するには・・・

違法アップロードの動画なのでお勧めしませんが…コチラをどうぞ。

【Pandora】
ゴーストライターの動画検索結果

【Dailymotion】
ゴーストライターの動画検索結果

【YouTube】
ゴーストライターの動画検索結果